電子機器を製造する際に使われるのがコンフォーマルコーティング

サイトマップ

電子機器を製造する際に使われるのがコンフォーマルコーティング

リチウム電池の安全性を確保するコンフォーマルコーティング

綺麗な基板

スマホやタブレット端末のバッテリーとして用いられているリチウム電池は、小型軽量でありながら大容量で充電回数も多い優れた電池です。そんなリチウム電池ですが、実はその中に電子回路が組み込まれているという事は、あまり知られていません。リチウム電池というのはその優れたメリットと同時に、発火しやすいという性質があります。そこで電子回路によって動作を監視して、過電流の発生による発火などが起きないようなシステムが組み込まれているのです。
そうした電子回路が機能しなくなるとリチウム電池が危険な状態になってしまうので、劣化などによって不具合を起こさないようにコンフォーマルコーティングによって保護されています。コンフォーマルコーティングは文字通り湿気から電子回路を守るために行われるコーティングの事ですが、種類が幾つかあります。リチウム電池の電子回路の保護にはそのうちフッ素コーティング剤が使われます。
理由としては他のコンフォーマルコーティングに比べて同じ厚さであった場合の防湿性が高い事と、耐酸性や絶縁性にも優れている事と、さらに非引火性という高い性質を持っている事が挙げられます。耐久性が高いので、万が一リチウム電池から電解液が漏れたり、水が浸水して硫化水素が発生した場合などでも電子回路の腐食を防げるので、リチウム電池を安全に使うためにもフッ素コーティングはコンフォーマルコーティングとして必要不可欠な存在となっているのです。

撥水剤によるコンフォーマルコーティングは電子部品に最適です

コンフォーマルコーティングは電子部品の防湿効果を高めるのに最適です。撥水剤によるコンフォーマルコーティングであれば防水性能を高める為に製品の作りを根本的に変える必要はありません。今ある製品の上からコンフォーマルコーティングしてしまえば良いので、生産ラインを大きく買えずに防湿機能を高める事が出来ます。
また、フッ素コーティングなどのコンフォーマルコーティングは汚れにも強くなっています。そういった意味でも電子部品に最適と言えます。油汚れなどにも強いので、電子部品の近くに可動部があったとしても可動部のオイルなどによって電子部品がダメになってしまうような事を防げます。そうならないように設計するのが一番ですが、既に設計が終わってしまって後からその問題点が発覚した場合でもフッ素コーティングなどのコンフォーマルコーティングならすぐに対処出来ます。一から設計を変える必要はありません。
さらに、撥水剤は絶縁としても利用出来ます。全ての撥水剤がそうだという事ではありませんが、そのような撥水剤は珍しい物ではありません。電子部品にとってしっかりした絶縁は必須ですので、そういった意味でも撥水剤によるコンフォーマルコーティングは電子部品に最適だと言えます。

スマホを安心安全に使うためのコンフォーマルコーティング

スマホなどの電子機器には、湿気などが基板に入ってしまうといったことが原因で動作不良を起こしてしまう可能性があります。それを抑えるための努力としてコンフォーマルコーティングというものがなされています。あまり有名ではないですが、コンフォーマルコーティングというのは電子機器の基板に皮膜をコーティングすることによって湿気等から守り動作不良を起こさないようにする方法のことです。一概にコンフォーマルコーティングとは言っても、そのなかでもさまざまな種類が存在しています。ウレタンとアクリルとシリコンとオレフィンとフッ素の5種類です。すべてのものにそれぞれの特徴がありますが、スマートフォンなどの電子機器に向いている方法はフッ素コーティングです。
ほかのものに比べて薄い量で数倍の効果を発揮でき、引火の危険も少ないといった特徴があります。毎日手放すことなく使用するスマートフォンを軽量で安全に使用するためにとても向いている性能を持っています。こうしてコンフォーマルコーティングは私たちの生活に様々な場所で溶け込み、生活を助けてくれています。毎日安心安全にスマートフォンなどの電子機器を使用出来ているのは基板にコンフォーマルコーティングがなされているからなのです。

もし、取り扱っている商品の防湿を検討しているなら、専門的な業者に相談するのがおすすめです。なかでも【フロロテクノロジー】はコンフォーマルコーティングを手がけるプロで、用途に合った提案をしてくれます。

Recommended Post

Post List